土木・景観設計

土木設計

久米設計は、建築を支える土木の基盤整備設計を行っています。特に土木設計においては、限りある地球資源を保全するために、資材の縮減・再利用・リサイクルを促進させることで環境への負荷に配慮するように努めています。業務としては、道路、雨水排水施設、調整池、橋梁、擁壁等の基盤整備設計をはじめ、開発許認可等申請や測量調査、地盤調査等の周辺関連業務を行っています。

景観設計

久米設計は、外部環境創造としてランドスケープデザインを捉え、豊かで潤いのある快適環境を創出するために、建築設計と一体となった景観設計を行っています。庭園計画、公園計画、外構計画や屋外照明・サイン計画、パブリックアート計画をはじめ、屋上緑化や街並形成といった多彩なランドスケープデザインを提案しています。

東京外国語大
がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
北上交流センター
PAGE TOP