マネジメント業務詳細

DM:デベロップマネジメント業務 Develop Management Service

土地の開発事業において、立地調査や市場環境調査に基づく開発企画立案、事業化可能性調査、ボリュームスタディ等を行います。
さらには、開発条件の構想づくり、モデル収支計画や、事業チームの組成、ファイナンススキームの検討に加え、テナント配置計画やMD計画等も行います。必要に応じて、土地情報収集・提供、テナント誘致、資金調達、投資化募集の先行サウンディングを行うサービスです。

PM:プロジェクトマネジメント業務 Project Management Service

最近の建築プロジェクトには、機能の複合化、顧客ニーズの高度化、多様化に伴い、専門的な企画・設計のノウハウを有し、事業主の代理として、設計者・施工者を始め関係組織を総合的にコントロールするプロジェクトマネージャー(PMr)が求められています。
また、プロジェクトの企画構想段階から、計画設計・工事発注・施工・運用段階の全てを通じて一貫してマネジメントすることにより、従来の設計業務の枠を越えて、建物のライフサイクル全体を通したコストコントロール、事業全体を考慮したスケジュール管理、機能性や環境保全性等のクオリティの確保、コンプライアンスも含む情報管理等を、より高度に、より円滑に実行することが可能となります。
このため、久米設計では設計チームとは独立した中立性の高い組織『PMセンター』を設置し、これらマネジメントサービスを提供しています。

CM:コンストラクションマネジメント業務 Construction Management Service

コンストラクションマネジメント(CM)業務は、業務受託フェーズに応じて、プロジェクトマネジメント(PM)業務の一部分として、或いはCM業務として単独に、工事発注段階・工事監理段階のマネジメントを行ないます。
具体的な工事会社の提案審査、コスト低減や技術的な向上、工事工程の迅速化・確実化を図り、事業主の代理人として多くのステークホルダーを調整し、事業における建設工事の品質、コスト、建設スケジュールを守り、情報管理のマネジメントも行います。

FM:ファシリティマネジメント業務 Facility Management Service

ファシリティマネジメント(FM)業務は、運営段階のPM業務を発展させ、体系的なファシリティ・マネジメントシステムを具体的に構築し、建物の合理的な維持管理、適正な補修保全、家具・備品の一元管理、消費エネルギーの削減など、ファシリティ(施設とその環境)における経営課題(資産運用の効率化・コスト削減)に対応します。当社は「KUFMS」という独自のコンピューター管理システムによる施設管理サービスを提供しています。また、オフィスの引越しや入居にあたり、オフィスレイアウト調整支援、リムーブマネジメントにも対応します。

耐震診断・建物劣化調査・デューディリジェンス業務

事業者が建築資産の運用や、新たな投資を行なう際には、その建物の性能や資産価値を正確に把握・評価することが不可欠です。当社は、豊富な設計監理業務の実績と技術・ノウハウの蓄積により、正確で適正な診断・評価・分析が可能です。
耐震性能以外においても、施設・設備の健全度・劣化調査に基づく技術的評価を行い、改修計画や投資計画への適切なコンサルティングを行います。

デザイナー・専門コンサルタントのコーディネーション及びマネジメント

海外デザイナーの起用や、インテリアデザインや照明デザイン、ランドスケープデザイン等、専門性を有するデザイナーやコンサルタントの起用が望まれる場合、幅広いネットワークを活用し、候補者の選定・推薦・契約・業務管理等を総合的に行います。

PFIマネジメント/アドバイザリー業務

久米設計は本来の設計・監理業務と近年のマネジメント業務における豊富な実績とノウハウの蓄積を生かし、国や地方自治体が実施する多くのPFI事業において発注者側のアドバイザリー業務と事業者側の設計監理&マネジメント業務に積極的に取り組んでいます。事業者側の業務においては、設計・監理業務を受託するだけでなく、SPC(PFO事業会社)のマネジメント機能にも積極的に関与・参画しています。

コストコントロール&マネジメント

建設プロジェクトの中で最も重要なものひとつがコストマネジメントです。久米設計では計画の初期段階で適正な予算を作成、設計内容との整合性を随時確認すると共に、建設市場の動向を把握しながら予算通りにプロジェクトが進むようにマネジメントを行います。
請負工事費は、施工者の決定時期、決定方法等により大きく異なる場合があります、当社は様々な発注方法を検討提案し、プロジェクトに最適で発注者にメリットのある発注方法を提案します。

久米設計のコストマネジメントの特徴

1 コストマネジメント担当者による連続したコスト管理

プロジェクト着手時にコストマネジメント担当者を決定し、その担当者が施工業者決定まで連続したコスト管理を行います。
コスト管理を、コストマネジメント担当者が連続して行うことにより、建設の全プロセスにおけるコストコントロールが可能となります。

2 当社開発ソフトによる企画・計画段階でのコストシュミレーション

建設コストの管理は、計画の初期段階から始めることが重要です。当社では発注者の要望を整理しながら図面化していく作業と平行して、建設に必要なコストのシュミレーションができるシステムを構築しています。
プロジェクト着手後直ちにコストマネジメント担当者が、建設に必要なコストを算出します。さらに、建物形状や構造種別、仕上げグレード・構造スパン等を変更した場合の建設コストの変動を直ちに把握できることにより、発注者の適切かつスピーディーな判断をサポートします。

3 コストコントロールセンターによるコスト計画妥当性チェック

計画段階と基本設計段階において、建物に要求される機能と予算との乖離が埋められないプロジェクトが有った場合は、コストコントロールセンターで検討します。
コストコントロールセンターは、設計各セクションの部長及び監理、コストマネージメント部の部長で構成され、プロジェクトの担当者に対して、目標コストを実現する為の具体的なアドバイスを行います。
また、大規模プロジェクトに対しては、VEワークショップを主催し、プロジェクトの価値向上のために設計・監理・コストをLCCの観点から検証します。

4 高品質低コストを実現するための発注方法提案

発注方式は、契約の種類では、「一括方式」、「分離方式」、「コストオン方式」があります、また時期的な区分けでは、「実施設計後」、「基本設計後」があります。また、施工者選定別には、「競争入札」、「総合評価」、「特命」がありそれぞれメリット・デメリットがあります。
当社は、プロジェクト特性と建設市場の動向を検討した上で、最適な発注方式を提案します。

PAGE TOP