環境設計

環境設計は、その地域の自然環境や地域特性を的確に分析するところから始めます。「負荷を低減させる建築の手法」「自然の恵みの活用」「高効率な設備手法」により、快適な環境を合理的かつ経済的に構築します。

負荷を低減させる建築手法
建物に入る熱負荷を抑えることで、負荷処理に要する設備機器自体の容量を小さくすることができます。
庇やルーバーなどの建築的手法を検討し、運用時のエネルギーや、ランニングコストを縮減する建築を計画します。

自然の恵みの活用
地域特性を把握した上で、光(自然採光)、風(自然換気・ 外気冷房)、水(雨水及び井水利用)、土(地中熱利用)、緑(屋上や壁面緑化)などの手法を適切に選択し、負荷の低減を図った建築を計画します。

高効率な設備手法
省エネルギーを実現する熱源・空調システム、快適な温熱環境の構築、良好な空気質環境と光・視環境の提供、建物運用・管理業務の効率化を図るシステムを、適切かつローコストで構築します。

ZEBコンサルティングの積極展開
我が国のエネルギー基本計画においてZEBの実現と普及が求められています。
私共は、"ZEBコンサルティング"を積極的に展開しています。

“性能検証”によるZEBの実現
設計・施工・運用の各フェーズにおける性能検証(コミッショニング)を行い、“ZEBの実現”を支援します。

サービス展開

  • ZEBコンサルティング
  • 省エネルギー計画
  • 地球温暖化防止計画
  • LLC計画

お問い合わせ

弊社への依頼、相談などにつきましては、以下よりお問い合わせください。